阿佐ヶ谷駅から徒歩30秒!JCC阿佐ヶ谷整体院です。

ストレスで甘いものが欲しくなる?!

疲れているとき、あー何か甘いものが食べたい!!と思う方多いのでは??
甘いものを食べるとやる気がでたり、ストレス解消になったりするのはなぜでしょう? 

ついつい甘いものに依存してしまっている方々が増えていますね
実はそれには、幸せホルモンとよばれている「セロトニン」が深く関係しているのです。

幸せホルモン「セロトニン」とはなんでしょう??

セロトニンとは、気分を安定させるのに必要な神経伝達物質
9割は小腸の粘膜にある細胞内に存在しています。
実は脳を興奮させる物質なのですが、
落ち込んだ気持ちを元気にしたり、感情の爆発を抑えてくれる感情物質です。

別名「幸せホルモン」ともよばれているセロトニン
うつ病、摂食障害や暴力行動原因には、セロトニン不足が関係しているといわれています。

また、セロトニンは睡眠に関与しているメラトニンという物質の原料にもなります。

セロトニンとは、赤身の肉に含まれるトリプトファンというアミノ酸を原料にして合成されます
摂取したトリプトファンを脳に運ぶにはブドウ糖が必要になります。
そのため、食後に甘い物を食べることによって、セロトニンの分泌が促進され、
幸福感や満足度を高める働きがあるのです。

また、もうひとつの理由として、血糖値が関係しています。
甘いものやご飯などの糖質を摂ると、血糖値が上がります。
そして、上がった血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンには血糖値を下げる働きがあるのと同時に、体内でタンパク質をつくる働きもあります。
タンパク質はアミノ酸からできます。
体内で多くのアミノ酸が使われ減少することにより、トリプトファンの比率が高くなります。
その結果、セロトニンが一時的に増加。
そのため、甘いものを食べることによって、一時的な快楽を感じることになるのです!

ただし、あくまでインスリンによってトリプトファンの比率が高まっているだけ。
量が増えている訳ではないので、一時的な快楽に過ぎないのです

ストレス過多の方やうつ病の方が甘いものに依存してしまうケースも多いのですが
甘いもので解決はされません!

トリプトファンが多く含まれた食べ物を食べるなどして、セロトニン分泌を増やすこと!

1.朝日を浴びる
2.運動をする(ウォーキング、自転車、階段の昇り降りなど)
3.意識的に呼吸をする(深呼吸など)
4.規則正しい生活をする(早寝早起き)
5.トリプトファンを含む食材をとる(肉類、赤身魚、バナナ、豆乳、ひまわりの種)
6.ビタミンB6、Cをとる(トリプトファンをセロトニンに変換するのに必要な栄養素)

抗うつ剤を服用している方、肝機能障害がある方、妊婦さんは、トリプトファン摂取に制限があるので、注意しましょう。
何事もやりすぎないのが大切です。

ストレスが溜まっている時に甘いものに頼ってもそれは、一時しのぎ。
健康にもよくないですね。

まずはできることから始めてみませんか?

ダイエットカウンセラーの吉田ひろ子でした~(^▽^)/

JCC阿佐ヶ谷整体院【18年の実績で口コミNO.1】 PAGETOP