阿佐ヶ谷駅から徒歩30秒!JCC阿佐ヶ谷整体院です。

睡眠の重要性

睡眠不足は肥満の原因の1つです。
睡眠不足は、お腹の脂肪を増やすと言われています。
スムーズに痩せるためにも質の良い睡眠をとる必要です。
ダイエット中、体重が落ちにくくなったという方は一度睡眠時間を見直してみましょう。
7~8時間眠る人が最も肥満になる確率が低く、それより睡眠時間が短くても長くても肥満率が高くなります。
5時間睡眠の人は肥満率が50%UPし、4時間以下の睡眠ではなんと70%もUPするというデータがでているのです。

睡眠時間が短いと肥満になりやすいわけとは?

なぜ睡眠時間が短いと、肥満になりやすいのでしょう?
それは、「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが崩れてしまうからと言われています。
レプチンは脂肪細胞が分泌する、食欲を抑えてくれるホルモン。
一方、グレリンは胃で作られるホルモンで、食欲を増進する働きがあります。

睡眠時間が短いと、満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えてしまいます。

ということで、睡眠時間が短い人は、食欲が増し太りやすい身体になってしまっている、ということなんですね。

 

院長 吉田

JCC阿佐ヶ谷整体院【18年の実績で口コミNO.1】 PAGETOP