阿佐ヶ谷駅から徒歩30秒!JCC阿佐ヶ谷整体院です。

更年期に入ると色々な体の変化が見られますがそもそも更年期とはいつ頃の事をいうのでしょう??

更年期の個人差はありますが50歳前後の年齢で閉経を迎え、

この閉経の時期をはさんだ前後10年間、一般的に45~55歳頃を更年期といいます

更年期の症状としていくつか挙げられるのは

ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、発汗、めまい、動悸、

頭痛、肩こり、腰や背中の痛み、関節の痛み、冷え、しびれ、疲れやすい

気分の落ち込み、意欲の低下、イライラ、情緒不安定、不眠などなど…

更年期障害の特徴の一つは症状が多いので、他の病気による症状ではないことを確認してみる必要があります

イライラしたり落ち込んだりといった更年期の症状は、2種類の卵巣ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌の急激な減少から引き起こされます

卵巣ホルモンの減少によって脳の視床下部が刺激されると、自律神経のバランスが崩れるからなんです

また、ホットフラッシュによる不快感や睡眠不足が、イライラしたり疲労感を招いている人もいます

このように、卵巣ホルモンの変動だけが原因ならば、脳や体が対応できるようになるにつれて解消されていきます

更年期の症状が、卵巣ホルモンの問題だけによるものではないケースも多くみられます

更年期は、生活が大きく変わる時期と重なっています

仕事の負担が増えたり、親の介護、子どもに手がかからなくなってきたり…と寂しさを感じたり(T_T)

ついに更年期がきた!と、老いを実感し、喪失感や空虚感を抱く方もいらっしゃいます…

卵巣ホルモンの分泌をつかさどる視床下部は、自律神経をコントロールする中枢でもあり、

感情を形成する大脳の影響を受けているので、完全に閉経していないときに、強いストレスや不安などを感じると

卵巣ホルモンのバランスが乱れ、さらに自律神経や精神状態が不安定になるといった悪循環に…

閉経や卵巣ホルモンの変動は避けて通れませんが、ストレスや生活環境は工夫しだいで改善できることもありますので

更年期をきっかけに、悩みの原因を改めて見つめ直すことも重要ですね(o^―^o)ニコ

環境を大きく変えることはできなくても、身近な人には打ち明けておくと気持ちがラクになることもありますよ~

「更年期でツラいということを知っている人がいる」ということが安心感につながる可能性もあるので

家族や信頼できる人に今の状況を伝えてみてはいかかでしょうか??

一人で抱え込まないようにしましょうね~(^▽^)/

ダイエットカウンセラーの吉田ひろ子でした♪

JCC阿佐ヶ谷整体院【18年の実績で口コミNO.1】 PAGETOP